AZ Moc-001 【SALE/56%OFF】 在庫あり バイクレース用チェーンルブEP チェーンオイル 110ml チェーン潤滑剤836円

AZ Moc-001 バイクレース用チェーンルブEP 110ml チェーンオイル チェーン潤滑剤836円

585円 AZ Moc-001 バイクレース用チェーンルブEP 110ml チェーンオイル チェーン潤滑剤836円 車、バイク、自転車 バイク メンテナンス用品 AZ Moc-001 【在庫あり】 バイクレース用チェーンルブEP チェーンオイル 110ml チェーン潤滑剤836円 585円 AZ Moc-001 バイクレース用チェーンルブEP 110ml チェーンオイル チェーン潤滑剤836円 車、バイク、自転車 バイク メンテナンス用品 585円,110ml,チェーンオイル,AZ,バイクレース用チェーンルブEP,/convulsionist1085956.html,videoslotnavi.com,Moc-001,チェーン潤滑剤836円,車、バイク、自転車 , バイク , メンテナンス用品 585円,110ml,チェーンオイル,AZ,バイクレース用チェーンルブEP,/convulsionist1085956.html,videoslotnavi.com,Moc-001,チェーン潤滑剤836円,車、バイク、自転車 , バイク , メンテナンス用品 AZ Moc-001 【在庫あり】 バイクレース用チェーンルブEP チェーンオイル 110ml チェーン潤滑剤836円

585円

AZ Moc-001 バイクレース用チェーンルブEP 110ml チェーンオイル チェーン潤滑剤836円

レースに最適なチェーンオイル。ここ一番の勝負用に!!

極圧添加剤の特性をとことん追求し、メカニカルノイズを低減しました。
高速・高荷重に耐える、バイクチェーン用潤滑剤です。

シールチェーン対応。


レースに最適なチェーンオイル。ここ一番の勝負用に!!

極圧添加剤の特性をとことん追求し、メカニカルノイズを低減しました。
高速・高荷重に耐える、バイクチェーン用潤滑剤です。

シールチェーン対応。

AZ Moc-001 バイクレース用チェーンルブEP 110ml チェーンオイル チェーン潤滑剤836円

MCC-002チェーンクリーナーを使ってチェーンをきれいにした後しばらく乾燥、その後、一滴ずつリンク部分に使用しました。108リンクあったので、1リンクあたり4箇所×108で結構時間がかかりましたが、使った後はホイールが軽く、そして静かに回ることに感動を覚えました。スプレー式と異なり面倒ですが、その分の恩恵は受けれると思います。また、スプレーだと余計な部分に付き、そこに塵や埃、砂なんかも付いてしまいチェーン全体が真っ黒になりますが、これならそこまで酷くはならないかと思います。あとは実際に乗ってみてホイールとかにどれだけ飛ぶかの確認だけですが、まぁあまり心配はいらないかなと思っています。
これまでホワイトチェールブ等を使ってきて、チェーン清掃が大変だったので、オイルタイプを使ってみたくて購入しました。1コマずつ注油するのは大変ですが、潤滑力はすごく良かったです。 走行後のオイル飛びもなくホイール等の汚れは、ほとんどありませんでした。チェーンの汚れも少なそうで、清掃も楽そうです。 買ってすぐに注油しようとしたら、ノズル先端からオイルが出なかったので、先端を切るのではなく、がびょうでノズルの穴を広げたら、ちょうど良く出てきました。 注油用の注射器があると良いと思います。 チェーンオイルが3種類あって、選ぶときに悩みました。レース用に使っているわけでなく、普通に公道を走るために買いました。商品の違いが分かるように説明がもう少しあると思います。
250cc単気筒バイクで雨の日含む通勤に半年間使用しました。 オールマイティ、ロングライフ、EP(極圧)を買い求め、比べました。以前円陣屋至高のCPO、RISEのSLFCを10年ほど使っていたので評価はこの他社製品との比較になります。 使用:他社製品と全く同じです。オイルタイプはスプレーより注油する手間はありますが、清掃が楽です。 AZ製品の容器は使いやすいが、中身が見えないので残量が確認できません。 耐久性:AZ他社製品共に雨走行後は注油が必要です。雨走行無く500キロほど使用したときでも、問題無しでした。私の使い方ではAZ他社各製品、油持ちに違いが出ません(雨走行をして、その後注油するので)。 使用感:他社製品にあるヌルヌル感は低く、チェーン音も大きいですが、性能は十分です。 AZ製品中ではEPのチェーン抵抗が一番低い感じがします。次はオールマイティ。 多く注油するとチェーン抵抗が下がるのは他社製品と同じだが、AZ製品は安価でケチらず多めに注油できるので、性能を注油量でカバーできるかも。 オイルタイプの注油が面倒にならない方にはお勧めできる製品です。
ロングライフ使用者でしたが大型SSでサーキットも走行するのでこちらも試したくなり購入。結論から言うと体感できる程の性能差はわかりません。耐久性もツーリングメインならロングライフと変わらず500キロぐらいですかね。こちらの方が粘度は低いようですが、飛び散りも同じ位に感じます。結局どっちでもいいんじゃねって感じです。 最近はバイク用のケミカルはAZさんのものばかり使用してます。 完全にAZ沼です(笑)安くて性能が良いので重宝してますが、同じ様な性能のものが沢山ありすぎです。もっとまとめてくれると助かるんですが……

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

ネイチャーニュース

4224
3693
5581
3961
4349
4583
More

鳥と生きもの

2830
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマ...
3565
4283
9445
5381
More

お花や植物

3700
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもある...
3828
5954
3050
5509
More

トレッキング・アクティビティ

615
3151
4274
4737
4812
5622
More

NZアウトドアブランド&ギア

4899
ニュージーランドで有名なアウトドア・ブランドやアウトドア・ショップと言ったら、以前にも紹介した『カトマンドゥ Kathmandu』や 『マックパック Macpac』などが真っ先に挙がるだろう。事実、これらのお店は最大都市オークランドの目抜き...
9516
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
7854
マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
4365
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
4120
ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
36153 ホンダ JC61-1302〜 グロム GROM125G '16 純正 ステップホルダー 右 曲がり無 ペイントあり
615
これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
3700
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
2830
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
2615
12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
3151
ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
3828
4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
4861
NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
4274
トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
4224
NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
4737
「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

オークランドでも桜を見ることができるスポットがあって、春の季節には日本人をはじめとしたアジア人が待ってましたとばかりに花見を楽しむ光景を目にすることができる。 以前にも紹介した、 9月上旬ごろに街路に咲く台湾桜に、 9月下旬から10月はじめ...
植物を見ていて、常々面白いなぁと思うことがある。それは、彼ら植物たちが発達させた、タネの拡散方法だ。 「置かれた場所で咲きなさい」とは誰の言葉だったか。植物は動けない代わりに、それぞれの環境に合わせて、子孫を残すために独自のタネの拡散方法を...
先日、読者の方からこんな質問をいただいた。 「北島の牧草地帯や町の公園などで、ひときわ鮮やかな若草色の葉を持つ木がありました。ガイドさんに名前を聞いたんですが忘れてしまって・・これ、なんて名前の木かご存知ですか?」(トップの写真の木) ニュ...
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
これまで数々の滝を訪ねて歩いた僕は、いよいよオークランド地域から抜け出してファンガレイにも足を伸ばすことになった。 今回行ってみたのは、ファンガレイの街から車で約40分、ダートの道の先にある隠れた名所「ピロア大滝」。 滝行の写真も撮れたので...
オークランド地域には26もの自然公園(regional park)がある。そのうち最も有名なのは、なんといってもオークランド西に広がるワイタケレ自然公園だ。 ここは1万6千ヘクタールという広大な自然がそのまま残された貴重な自然林地帯。ハイキ...
「2050年までにニュージーランドの外来哺乳類をゼロにします。」 首都ウェリントンで、当時の首相ジョン・キーがそんな発表をしたのは2016年7月のことだった。ニュージーランド独自の生き物たちを守るために、問題となっている外来の哺乳類、たとえ...
「羊の国」、というイメージのあるニュージーランド。 一時期よりも数が減ったと言えど、NZの人口500万人弱に対して、羊の数はいまなお2500万頭以上。21世紀に入ってもなお、人口よりも羊が多いお国柄だ。 では、こんなことを考えたことはないだ...
Return Top